「 賢い経営者の節税 」 一覧

経営者が役員報酬を節税すべき理由と節税保険で具体的な3つの解決策と3番目の可能性

役員報酬で給与を取ると半分は税金で消えます。 所得税の最高税率は45%。 住民税は10%。 さらに給与に連動して社会保険料の発生。年金と保険も役員報酬に連動して保険料負担が増えます。 役員

続きを見る

経営者の節税 太陽光パネル編 売電事業に潜むリスク

経営者の節税 太陽光パネル編 太陽光事業の税金対策を最近とりわけ目にします。 オンラインで目にすることが非常に多い。 2年前、まだ売電事業が40円台だった頃は、 情報が少なかったけど、

続きを見る

経営者の節税、海外での生々しい節税術シンガポール編

経営者の節税 Singapore編 先日クローズドなセミナーに参加しました。 内容が良かったので、シェア。 シンガポールは税金がとにかく安い。 経営者であれば一度は、シンガポールへの移

続きを見る

経営者の節税で、あなたのビジネスの生死を別つ原因第一位は、決算時の税金対策のタイミング、首都圏で実在する勝ち組社長の事例も紹介

経営者の節税には、さまざまな分野があります。 M&Aをして、連結決算をして、税金対策をする方法もあります。 もちろん元手の資金が必要な方法です。 経営者の節税で最も簡単な方法は、決算時の税金

続きを見る

経営者の資金を増やす節税の専門家に求められる3つの相対的指針。

金持ち社長がこっそりやっている 経営者の金を増やす唯一絶対の方法。 実は、経営者の資金を増やす簡単な方法が節税です。 そして経営者が一番疎かにしているのも節税。 利益率を上げるためにコスト

続きを見る

経営者が節税で資金を増やす絶対的理由と3つのリスク、解決策は2つの大前提。

社長のお金を1番賢く増やす方法は何でしょうか? FX、株、投信、不動産、オフショア、それとも怪しい海外の投資案件? あなたのお金を1番賢く増やす方法 それは、あなたのビジネスを大きくすること

続きを見る

経営者の節税は社会の利益に直結する。

経営者の節税は社会の利益 だと思いませんか? 経済の研究をすればするほど、 経営者こそ社会の利益であると強く感じます。 しかし国の経営者に対する対応は酷い。劣悪な環境です。 こんな状

続きを見る

経営者の資金を増やす節税に、保険が有効である3つの絶対的な理由。

経営者の節税に、保険が有効な3つの理由。 資金を手元に残すための節税、 賢い経営者の実践する節税の目的です。 資金を残すのに生命保険は賢い節税方法です。 資金を残すというのは、 税金を支払う

続きを見る

経営者が資金を残すためにやるべき5つのポイント、会社から受け取る役員報酬は分散するとお金が増える

経営者が資金を残すためにやるべき5つのポイント 経営者には財布が2種類あります。 法人の財布と個人の財布。 2つ財布があるように見えますが、入口と出口は1つしかない。 法人の財布には、38%の

続きを見る

共済だから節税に有利は間違い。経営者の資金を20年間凍結する小規模企業共済。

経営者の実践するべき節税として、 経営者セーフティー共済は王道です。 法人で支払った掛金は全額損金。 40ヶ月が経過すれば解約金は100%戻ってくる。 経営者セーフティー共済の他に、 中

続きを見る

節税と脱税の決定的な違い

節税と脱税の違い 節税のメリットと脱税のデメリット。 節税は、法律の範囲内で工夫をして税金を減らすこと。 脱税は、法律の範囲外でコソコソと税金を減らすこと。 あなたも一度は、想像したことが

続きを見る

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像
経営者の節税news最新版
経営者の節税2016年以降は?

経営者の節税2016年以降はどうなるのか?本格的に始動したマイナンバー

images
経営者の節税に必要な、できる税理士を見分ける2つの質問

経営者にとって、付き合う税理士は極めて重要です。 あなたの会

経営者の節税は利益を増やす
経営者の節税最前線、2015年これからの経営者の節税に必要な感覚と有効な節税手法とは?

節税と言う表現はもう古い?経営者のこれからの節税を体現する言葉とは?

解決策を得るために、見破るべきポイント。
保険で節税をする価値は経営者にあるのか?価値を持つ2つの前提条件

保険は会社で入ると会社の損金、経費になる。 経費になっている保険です

経営者の節税はコツコツ増やしてグングン増やすフェーズへ
経営者が役員報酬を節税すべき理由と節税保険で具体的な3つの解決策と3番目の可能性

役員報酬で給与を取ると半分は税金で消えます。 所得税の最高税率は45

→もっと見る

  • サンプル画像
PAGE TOP ↑