キャッチコピー
20年以上に渡りビジネスの最前線で研鑽された節税技術。
節税をして成果の出た業種一覧
運送業、建築業、不動産業、飲食業、小売業、Webマッチング業、機械設計業、倉庫業、設備工事業、イラストデザイン業、養鶏業、あさり養殖業、通信業、産業廃棄物業、解体業、太陽光事業、人材派遣業、中古車販売業、リサイクル業、宗教法人、医療法人、遊技場経営業、賃貸仲介業、風俗業、飲食コンサル業、繊維加工業、住宅販売業、通販業etc

業種業界の違いはありません。税金の仕組みは一緒です。

決算がまだなら、会社の税金を圧縮する具体的な方法があります。法人で保険を契約すると、保険料は損金です。『知ってるよ!』と想ったあなた。税理士、会計士でないプロの税金対策の専門家に相談した経験は?選ばれる理由が明確にあります。貴重で希少な情報です。

法人で保険を契約すると、税金の支払いを先延ばしすることができます。
契約の継続期間中に、赤字が出たら、損金項目の補填として解約をすれば効果的。
黒字が継続した時は?益出しのタイミングが生命線です。
ここから先の領域は、テクニックや小手先の技術では難しい世界。
解決策は確かに存在しますが。。

キャッチコピー日本で営業している保険会社は43社。
43社の保険会社の営業マンが一斉にあなたに言います。
『我が社の保険は、あなたにとって1番の解決策ですよ!』

会社を経営する社長の利益になる保険、を扱っている保険会社は
片方の手だけで数えられます。5社もありません。現実です。

43社の中からあなたが正解を引く確率はどれほどでしょうか?
5÷43社=極めて低い確率。
当たる確率は10%以上ですが、
税金対策というテーマでは失敗が許されません。
ビジネスでは1勝9敗でも挽回が可能ですが、税金対策では10戦0敗でなければ惨敗です。
節税の失敗はあなたの資産の減少に直結します。

さらにあなたに悪いニュースが続きます。
保険営業マンは日本に何人存在すると思いますか?
あなたの直感で数字を思い浮かべてください。

日本全体に何人の営業マンがいるか?保険だけですよ。

おそらくあなたの想像をゆうに超えます。
その数200万人以上。

日本では保険を販売している営業マンの数が200万人います。
200万人中の何人が
“税金を減らして社長の利益を増やす方法”
を正確に知っているのでしょうか?
1%もいません。0.0000、、、、そんな世界の話です。

では、会社経営者のための保険、
法人税を減らして尚且つ経営者の利益を最大限にする方法
を知っているのは誰なのか?
世間で間違って信じられている事実を2つ解説します。

税金対策を知っているのは、税理士ではない2つの明確な理由世間で酷く誤解をされている事実その1。資格を持っていると仕事ができる。
Q 税理士とは何の資格なのか?
A 国に代わって納税者の適正な税金の申告を代行する資格。

経営者のために税金を減らす資格ではありません。
(極めて少数ですがお客様目線の士業の方もいます。“極めて”少数ですが。)

資格とは試験に合格しただけで、
実務ができることとは何の因果関係もありません。
世間で資格が持て囃される潮流は誠に残念な事実です。

税理士と同じく世間で広く誤解されている資格がもう一つあります。
中小企業診断士。この資格も名前の割に役に立ちません。

診断士の方で企業の売上を具体的に上げる手法を知っている方をご存知ですか?
私は見たことがありません。彼らの中でマーケティングを知っている方は皆無でしょう。
売上、利益、資金繰り。肝心かなめの知識がありません。

税理士の方はどうでしょう?
数字を整列させて、並んだ数字を眺めて、上から目線で意見を言います。
『社長もっと原価を下げて!!社長もっと売価を上げて!!だから社長もっと利益率を上げて!!』
当たり前のことしか言いません。小学校2年生でも数字と問題くらいわかります。

税金対策を知っているのは、税理士ではない2つの明確な理由世間で酷く誤解をされている事実その2。税理士は保険の知識を持っていない。
決算で税金対策をするのならば、選択肢はあまり多くありません。
ましてや資金を多く残そうとするのなら更に選択肢は減ります。
税金対策で有効な選択肢は保険と共済だけです。
調べても調べても、この2つ以外に選択肢は見付けられません。

では保険の知識を持っている人は誰でしょうか?
ちなみに法人の税金対策には税務の知識も求められます。

税理士さんで仕事のできる人は税務の知識に詳しい方、ではないでしょうか?

税金の種類は多岐に渡ります。
法人税、所得税、消費税、相続税、資産税、税税税、、、、
税理士さんも専門分野の時代です。何でも知っている専門家はいません。

税金の知識、税務の事例、調べれば調べるほど切りがありません。

数多の判例、過去の通達、法律の変遷、
本来業務の税務の仕事で、きわどいレベルを要求されればされるだけ
研究する時間は必要。

本職の税務の知識を疎かにしている専門家が、
保険の知識を正確に持っているのでしょうか?

では社長の税金を保険で圧縮する場合、誰に聞くのが正解なのか?
このページに訪れたあなただけに専門家選びの基準を公開します。

キャッチコピー
専門家選びの大前提その1あなたと同じようなお客さんと長期間に渡って良好な関係を維持している専門家は信頼できる。
実際に会社経営者の方と保険の節税の話で何件も仕事をしたことがあるか?
この最初の質問にYESと答えられない方とは、話もしない方が賢明です。

経験もない人にあなたの大切な財産を任せられますか?
そんな人材しか周りにいないのなら保険を使った税金対策は止めるべきです。
中途半端に保険を使った税金対策に手を出すと、かけがえのない利益が一瞬で吹っ飛ぶ可能性もあります。

200万人の営業マンが、『すごい方法を私は知ってます!』
と嘘臭い満面の笑みであなたに囁きます。その甘い囁きに乗ると火傷で済まないケースも。

弊社に蓄積された30年以上に渡る数多の事例では、
間違えた人選をしてかなりの損を出した企業経営者もたくさんいました。
中には取り返しのつかなくなった方もいます。

下手な鉄砲は数を打っても当たりません、
的に当たる前に現金という弾が切れたら永久に退場です。

専門家選びの大前提その2実務経験が豊富で、解決策の引き出しがたくさんある専門家は信頼できる。
実務経験が豊富であれば税金対策の解決策の数も豊富。
保険を使った税金対策は、保険商品と税法のいたちごっこの歴史にあります。
保険を使った税金対策の歴史は、およそ30年前に始まりました。

損金になる保険商品が市場に出て30年、
その間に数々の保険商品が保険会社から販売され、
行き過ぎた節税保険は金融庁が規制して税金対策に有効な保険商品は販売停止になる。

保険を使った脱税が横行すると国家は法律を根元から変えます。

ちなみに不勉強な営業マンはマクロ的な視点でしか業界を捉えていません。
自分の営業成績という目前の人参に吊られ『すごい方法を知っています!』と勢いで発言します。
その後に不勉強のツケがまわり、お客さんの財産を毀損させ、黙って行方をくらませます。

大手金融機関の担当営業、出張ばかりの営業マン、担当がコロコロ変わるのはなぜなのでしょう?
金融機関の人事異動、人の出入りの頻繁さは異常な速度です。
全く不思議でなりません。責任と向き合わなければ技術は研鑽されないのに。
ミクロの視点だけでは決して見えない領域があります。

税金対策は白からグレー、グレーから黒に簡単に変わります。

経験が豊富でなければ、
あなたの大切な財産に降りかかるリスクを正確に算定できません。
リスクとメリットとデメリット、
このバランスを説明できるのは、豊富な経験則から導き出せる解決策だけです。

専門家選びの大前提その3あなたに対して常に誠実な姿勢の専門家であること。
最後の条件は、あなたにとって誠実な専門家であること。
一番最後に、一番あたりまえな条件。
しかし、我々の長い経験則を振り返ってみて、これ以上の条件は存在しません。

経営者の税金対策は1回こっきりでは終わりません。
2年3年、あなたのビジネスが順調に回るほど、税金対策にも新たな問題が付きまといます。
決算時に税金対策を導入しましたハイおわり。とはなりません。
税金対策の解決策を導入した時点からが始まりです。

さらに時間の経過でノウハウは陳腐化します。
2年3年ならまだしも5年10年のスパンでは環境がガラリと変わります。
環境が変わっても、法律が変わっても大丈夫なのか?

目先の税金対策だけを目的にしている方は気にしなくていい問題ですが、
成長と繁栄を願うあなたの大切な財産を相談する人ですから、
あなたが長く付き合える人でなければなりません。

人間関係を長く継続させるコツは、
お互いが誠実であることではないでしょうか?

弊社でも提携する専門家の人選には苦心しています。
提携する専門家の方に求める大前提として
誠実であることを条件として、お付き合いをしております。

誠実な姿勢が専門家としてのスキルに大きく関係していると考えるからです。
3つの大前提をクリアした方はあなたに周囲にいらっしゃいますか?
もしいないのであれば、、、

さくらコンサルティングは、経営者の節税に強い専門家を紹介します。
経営者の税金を減らして、経営者の現金を増やす。
税金対策の専門家は、保険を使った経営者の節税のエキスパートです。

あなたから頂いた相談内容は、専門家が単独ではなく複数の専門家で問題の解決にあたります。
あなたの相談メールは、専門家陣がグループで問題を共有し、
グループで導き出された答えが、あなたの最善の解決策です。

複数の専門家が問題を共有する理由は、
いくつもの見解を競わせることで解決案が磨かれ
至高の解決策に辿り着くからです。3人寄れば文殊の知恵、ランチェスターの法則です。

真剣に解決策を知りたい方限定。同業他社はお断り。
弊社の提携する専門家は厳正な審査の基に選び抜かれた精鋭ぞろいです。
専門家の人数は7人しかいません。厳正な審査の結果です。

専門家陣の解決策に妥協は一切ありません。
質の高い解決策の追求には、エネルギーと時間が必要です。
なので真剣に税金対策で悩んでいる経営者の方のみ相談を受け付けます。

解決策に絶対の自信を持っています。
圧倒的な情報量と膨大な経験則はそれだけで価値があります。
同業他社の方への情報流出には過敏に反応させていただきます。

1案件のみ完全無料メール相談の開催時期は不定期で終了します。
当面は、完全無料で相談募集しますが、
専門家陣が多忙になり、本業に影響をきたすようになれば無料相談は即終了です。

追加募集は一切行いません。
妥協したサービスは提供できませんので。

法人の税金対策は、解決策を導入した時点が始まりです。
解決策を導入した後も、アフターケア、アフターフォローは必要です。
時代は常に変化しています。解決策も臨機応変に対応させなければ価値がなくなります。

1案件完全無料ですので、
弊社と提携する専門家陣の解決策を採用された方は、
解決策の導入、メンテナンス、完了まで一貫して無料で相談はいたします。ご安心ください。

弊社の受け入れ態勢を超過した時点で、
無料メール相談は即終了とさせていただきます。ご了承ください。

完全無料期間を過ぎて以降のサービスは、有料で行う予定です。
あなたが理想的な税金対策の解決策を手に入れて、得られる利益はどれほどでしょうか?
1000万円?それとも2000万円?

払わずに済んだ税金は、あなたの手元にキレイに残ります。
手元に残った税金は、あなたの手元で増えた現金です。

1000万円、2000万円と現金が増える方法にあなたはいくらまで投資しますか?
確実に現金が増える方法ならば、増える金額の半分を出しても安いはずです。

方法を知っただけで、簡単にお金を増やすことができるのですから。
電卓を叩かなくても、ROIで計算をしなくても至極明瞭な話です。

最後に完全無料でコンサルティングサービスを提供する理由
コンサルサービスの値付けのためです。
市場調査の意味合いを織り込んで期間限定での完全無料としています。
3月末までは無料相談の募集は行いますが、以降は決めておりません。

あなたのビジネスの利益率を上げる最も簡単な方法、
それは支払う税金を減らすことです。
減った税金はまるまるあなたの使える現金です。

税金対策で具体的な解決策が見つかっていないのなら、
迷わずに、すぐに無料相談の申し込み手続きを行ってください!
メールフォームに詳細な情報を入力するだけでエントリー受付は完了します。

相談の順番は、公正に申し込みを受け付けた順番で処理されます。
解決策を早く獲得したいのなら今すぐに申し込みください!

あなたの失うものはありません、
あなたが得られるのは至上の税金対策の方法です。
ノーリスクで享受できるメリットは莫大です。

さあ今すぐに申し込みフォームに必要事項を入力して弊社窓口にメール送信を!

キャッチコピー

キャッチコピー
ステップ1
下記のフォームに名前とメールアドレスを入力。
ステップ2
「今すぐ無料で手に入れる」というボタンをクリック。
ステップ3
入力したメールアドレス宛に2営業日以内に申込フォームが届きます。

※入力いただいた情報は弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。
キャッチコピー全額経費で 全額回収、法人も個人も税額がゼロに出来るような方法はないか?

キャッチコピー一瞬にして 法人利益をゼロにしたい、、、

キャッチコピー法人も個人も税金をとことん下げたい、、、

キャッチコピー繰り延べた利益の対策を考えている、、、

キャッチコピー含み益のピークがきて困っている、、、

キャッチコピー退職金の準備を考えている、、、

キャッチコピー事業を下支えする堅い節税戦略の立案

キャッチコピー利益を永遠に繰り延べるメビウス節税とは??

経営者の権利と可能性を徹底的に守ります。
あなたのビジネス・経営環境の持続的な成長が社会の利益に繋がります。

株式会社さくらコンサルティング

荒川高光

 

※お預かり致しましたお客様の情報等をご本人の意志、及び許可なく企業、又は第三者へ提出する事は一切ありません。詳しくは プライバシーポリシーをご覧下さい。※さくらコンサルティングは、節税対策の専門家の紹介を中心としたビジネス向上プログラムの販売およびコンサルティングを事業内容としています。興味をお持ちの方にメールでご案内させていただく場合があります。