キャッチコピー

1年間は365日、
365日の間に経営者が稼いだ売上は、
半分が税金で消える日本の税金システム。

キャッチコピー

売上を上げる為に、全ての時間を捧げているのに、
政府は簡単に税金を上げていく、

5%、8%、10%、、、
まだまだ足りない消費税。

崩壊した社会保障というダムに水を注いでも
水は永遠に貯まらない、必死になって残した利益も
税金で消えてしまっては浮かばれない、、、

キャッチコピー

法人税を下げると発表しているが、本当に下げる気はあるのか?
消費税が上がるのなら、所得税を下げるべきでは?

税金はどこに消えているかわかりません、
医療費?年金?それとも外国にODA?

キャッチコピー

話を少し変えます。退屈で変化の期待できない話は止めて
もっと建設的で前向きな話です。

一つあなたに大事な質問があります。

経営者が不在で、業績の良い会社をご存知ですか?
ワンマン経営者が存在しない会社で、右肩上がりの組織を知ってますか?

私のつたない経験をひも解いてみて、、、

経営者が不在の会社で
大きくなっている会社、成長著しい会社、社会のお手本になる会社は、
一社の例外もなく存じ上げません。皆無です。

キャッチコピー

あなたはご存知ですか?
国家にも経営者はいません、、、別の前向きな表現はできますが後ほど話します。

経営者のいない巨大な会社、日本国は大丈夫ですか?

出社せずに毎月の給料だけ受け取る不届き者。
自分の利益だけ考えて、責任を放棄する者。

キャッチコピー

こんな奴らは、会社にいたら即クビ!!です。
他に示しはつかない、みんなの金は食う、腐ったみかんは捨てるべきです。

経営者は、日本経済の成長に最も必要な存在。
キャッチコピー

現在、アベノミクスによって国家の蔵は開かれ、大量の紙幣が市場に出回っています。
世界経済がひと繋ぎになった今、世界中のお金を巡回させる必要があります。
人体にたとえるのなら、金は血液です。

血行が良ければ人体の健康は保たれますが、、
血栓ができると、血液の流れが止まり血管は膨張、管は破裂し人体に異常をきたします。

アメリカがこけたら日本もこけます。
中国がクラッシュすれば日本もクラッシュします。
世界中の経済は密接に結びついています。ユーロ、ドル、元、円、為替は問題ではありません。

日本の個人資産1600兆円が動き出しました、我々の意思とは“関係なく”です。
経済の地殻変動が起きています。大切なモノを守る為には?

アベノミクスの経済成長に失敗をしたら、
バラ蒔いた日本のお金は、2度と日本の手元には帰ってきません。
国民の資産は紙屑となり、IMFの様な機関の参入が予想されます。まるで戦後のGHQ。
韓国経済のようにズタボロにされる可能性は高いのではないでしょうか?

韓国のメガバンクは、6,7社あるらしいですが、韓国資本はたった一つだけ。
残りは全て外国資本の銀行。社会の利益は銀行を通して海外に盗まれています。
不憫でなりません。。

こんな危機的状況に我々は、直面しているのに、政府の動きは極めて緩慢。
目の前で人身事故が起きているのに気づいていません。

死にかけているのに、、、

原因は明確です。
経営者不在の組織である政府に意思はありません、残酷な真実であり、万国共通の原則です。

まるで自分の事ではないかのように振る舞う。
精神に異常をきたしている人間の行動です。もっとも政府は人ではなく組織。
その組織には良い人もいれば悪い人もいる、しかし諸悪の根源は、経営者の不在。

船長のいない船は、航海に出発できません。
機長のいない飛行機は、離陸できません。
経営者のいない会社は、経済成長できません。厳然たる事実です。

よをおさめ たみをすくう
世を経め 民を済う
経世済民

政府に経世済民の発想はできません、不可能な現実です。構造上の欠陥。

経済成長には経営者の力が必要。
今日の日本経済を支える原動力は、中小企業の経営者、起業家、だけです。

しかし経営者は重税に苦しんでいます。

1年間365日、必死に働いて社会に利益を提供して、
その報酬として集まった利益の半分を国が没収してしまいます。
税金は社会利益の再分配システム、世の中に必要不可欠な仕組み。

ですが、経営者の税金環境は最悪です。

頑張って働いて、働いた分量に見合った報酬が受け取れる社会は正常な社会ですよね?
頑張ったら、頑張っただけ報酬が減る社会に未来はあるのでしょうか?
ハッキリと言えるのは、そんな社会で経済成長は無理でしょう。

経営者には、資金が必要です。
事業に時間と金と手間を投資して、投資をした元手を増やす。

元手は多ければ多いほど増やすのは簡単。

1勝9敗で十分にビジネスでは通用します。
しかし大切なのは、9敗という結果。

失敗があるから1勝できます。
失敗を糧として、勝つまで諦めずに勝負をし続ける。
投資の世界でも同じです。

投資家の方で、4割以上の勝率の方は極めて少ない。
6回負けても、4回勝つ中で、損を取り戻し益を稼ぐ。

しかし、勝負をするのには元手の資金が必要。

経営者は、ムダな税金をガッツリと削減して、
質実剛健な財務体質を持つべきです。

質実剛健な財務体質を実現できる一つの答えは、生命保険を使った節税。
サクラコンサルティングは経営者の資本を増やすお手伝いをしています。

サコラコンサルティングは、会社経営者の節税に特化した保険の専門家集団。
過去に3000社近い、会社と経営者の節税実績を持ちます。

事例1

事例2

ここで経営者の方にだけ特別なプレゼントがあります。
先着50名限定、『会社経営者の節税保険の最新情報、最先端のノウハウ』
を発売前キャンペーンとして、

税務の知識と保険の知識を持った、
経験豊富な専門家チームがあなたのベストな税金対策を提供します。
期間限定で完全無料コンサルティング提供中!税金対策は経営者の節税の専門家に!!
上段にあなたのお名前を入力し、下段にあなたのメールアドレスを入力したら、青いボタンを押すだけで申込が完了します。