経営者が役員報酬を節税すべき理由と節税保険で具体的な3つの解決策と3番目の可能性

役員報酬で給与を取ると半分は税金で消えます。

所得税の最高税率は45%。
住民税は10%。
さらに給与に連動して社会保険料の発生。年金と保険も役員報酬に連動して保険料負担が増えます。

役員報酬で利益を取ると、半分は税金で消滅。

社会保険料は、法人が半分負担しなければならない。

経営者の給与で年金と保険料、法人の経費で年金と保険料。
法人経営者にとって社会保険料はダブルで手元から資金が消える支出。

税理士は、「納税して手元の資金を増やせばいい!」
と簡単に言い放ちますが、本当にそうなのでしょうか?

役員報酬は、実質税率が極めて高い現実。

実質の税率が50%を超える役員報酬で利益を取る位なら、経営者は法人に資金を積んでいく方が
現実的な選択ではないでしょうか?

法人の実効税率は36%。

役員報酬の実効税率は50%以上。
法人に資金を残していけば、単純に計算をして14%は多く手元に残せる計算です。

もちろん法人税を支払った後で、
何の対策もせずに給与で取って行ったら二重で税金を支払っている感覚。

解決策として具体的な方法は、節税保険の活用。

1000万円の税引き前利益があるとします。

役員報酬で取ると500万円は税金で消滅。
法人税を支払って、会社に残すと360万円の税金で済みます。
しかし36%の税金も安くありません。

法人税は下がる見通しが非常に強い税金。

所得税と消費税と相続税は25年度、26年度と増税一色で上がり続けています。
しかし、相対的に法人税は減税のトレンド。

今後の税金の行方は財務省のみが知りますが、
アベノミクスで大量の紙幣を刷って、経済成長が至上命題な現実を分析すると
法人税は、やはり下げる見通しが強い。
経済成長に欠かせない存在は会社、法人です。

2014年5月現在の法人の実効税率は36%ですが、
中小企業の軽減税率を適用させれば、

実質的な税負担は約30%ほど。

約30%の税金は個人の税金に比べたら負担がググッと低い。
しかし、税金と言う性質を真剣に考えると、、

税金は、一度支払ったら、2度とあなたの手元に戻ってきません。

黒字の時はガッポリと税金をもっていきますが、赤字の時には何の補助もありません。
今まで、どれだけたくさん税金を支払ったとしても税金は帰ってきません。
ルールの下では平等に不公平に扱われます。

節税保険を賢く使えば、あなたの手元の資金力は劇的に改善されます。

節税保険は、損金になって資金が溜まる希少で具体的な法人経営者の解決策。

1000万円の節税保険に入れば、
節税保険の解約金としてあなたの資金は保全されます。

1000万円の資金が100%解約金として残る節税保険に加入すれば効果は大きい。

もちろん節税保険を解約すれば、解約金は益金として計上され、
節税保険を解約した期の利益は、解約金の金額分だけ跳ね上り法人税の負担も増えます。

課税の繰り延べをしているだけではないのか?

重要なポイントは、

解約をした期に、解約金で利益が押し上げられる分の損金項目が準備されていれば
税負担は少なくて済みます。
節税保険を会社で導入して、出口の計画も考えずに、無鉄砲に解約をすると代償は高くつきます。

もちろん、今後も利益が出続ければ、いつまでも節税保険を解約できなくなって
出口対策で非常に心苦しい未来も予想できます。

具体的な解決策としては、名義変更をして一時所得。
その他にも、退職金の原資として節税保険を賢く活用して原資を増やし続ける方法もあります。

名義変更をして一時所得で出口対策をする場合には、経済的合理性の問題が発生します。

税務署、国税から名義変更プランを見た場合、
租税回避行為として否認をされるリスクは相当高いプラン。

では退職金として受け取るのが現実的なのか?

あなたが退職金を受け取るのは何時なのか?
10年後20年後まで解約をせず資金を凍結させるのが賢い方法か?

名義変更も退職金の積み立ても、賢い方法とはいえません。
もちろん考え方次第ですが、、、

冒頭で書きましたが、
法人税は下げの見通しが強い項目。

法人税が下がった時に、会社で解約をして益出しをする。

この第三の方法も具体的で現実的な選択ではないでしょうか?

所得税と相続税、個人の税金は上がり続けています。

消費税は、法人税と所得税に関係のない項目ですが、
消費税の増税が経済に及ぼす影響は無視できません。
経済成長に必要な消費活動が減退すると日本の国家財政は破綻を早急にむかえるのは明明白白。

そうならないために日本はどうすればいいのか?

社会保障費で天文学的な赤字を垂れ流し続けるている予算を改善するには税収を確保する必要があります。
所得税や相続税を薄く広く吸い上げる仕組みを構築し税収を増やす。

しかし、経済成長が必要なので相対的に法人の負担を減らしていく、
法人税を下げて、会社が経済活動し易い政策を実行する確率は高いのではないでしょうか?

残念ながら未来の法人税の税率は断定できません。

“たられば”の話の域を出られないのは仕方がない話ですが、
選択肢として、経営者が手元資金を最大化させる目的を実現させる上では、
十分に起こりうる可能性として、選択肢として持っておく十分な方向性ではないでしょうか?

役員報酬を家族で分散させて

(もちろん勤務実態は伴わなければなりません)

退職金のタイミングと回数を十二分に使い倒して、

手元の資金を最大化させるためには他に何ができるのか?

経営者が手元資金を増やすために常に考え続けるテーマであり、
それだけの価値のあるテーマです。
手元資金量はあなたのビジネスの可能性に直結しています。

節税保険は、税金がかかりません。

節税保険を掛け続けている内、はですが。。
しかし税金は一度支払ったら二度と戻ってこない支出。

事業経営に保証はありません。未来永劫、利益を出し続ける保証はどこにもない。

業界動向は常に変わり続けます。
国の政策で世の中の金の流れも簡単に変わります。
消費者や自社の顧客は常により良い条件を探しています。

あなたの事業は常に競争というリスクにさらされています。

そういった現状を踏まえると、“まずは”節税保険を使って、
的確な金額の手元資金を温存させて準備するという選択肢は、
法人経営者にとって有益な事項であるように見えます。

我々のクライアントでも、過去に節税保険によって
息を吹き返した事例を数多く見ています。

先のリーマンショックがいい事例。

リーマンショックによって、世の中の資金の流れがショートしました。

いつも入ってきたはずの売上が入ってこず、収入の基になっていた関連会社が倒産、、、

消費者も消費を控え、誰しもが行動する事を止めてしまった時でも、
社員の給料は支払わなければなりません。
銀行からの借り入れも返し続けなければなりません。
売上を作る為に必要な経費は支払い続けなければなりません。

そんな四面楚歌の状況で、

あなたが、あなたの会社で掛け続けていた節税保険は、唯一絶対に“あなたの味方”です。

節税保険に積み上がった資金の使用使途は決められていません。

100%あなたの好きに使って良い資金です。

V字回復の為の起爆剤として100%資金を投下できる経営者の資本です。

銀行は傾き替えた会社に資金を貸してくれる存在ではありません。
確実な担保を計算し、損をしない計画を立て資金を貸します。

あなたの会社が、あなたの事業が破綻した時に、
いくら回収できるかを電卓をたたいて待ち構えている存在。

本当に困った時に頼りになるのは誰なのか?

納税と言う社会貢献をどれだけしても、
国は税金を返してくれません。どれだけ社会に税金を還元していても、

二度と税金は戻ってきません。残酷で不平等な真実です。

個人の財産も既存の借り入れで使えない、、
新たな借り入れをする原資がない、、、
個人の預金口座の残高も底を尽いた、、、
八方手を尽くしたけど、もう打ち手が無い、、、、

どれだけ困った状況で、八方塞がりになっても、

あなたの会社の節税保険に溜まっている解約金はあなたを助けます。

経営者は最悪の事態を予測して、全ての準備を行う必要があります。

節税保険は最悪の事態を打開する希少で具体的な解決策。

黒字の時に、納税をタップリして会社に資金を積み上げていくのもいいですが、
全額損金の保険や半額損金の保険に、
毎月、もしくは毎年、一定の金額をプールさせて、万が一の時に節税保険で備えるのは、
有効な解決策ではないでしょうか?

2014年5月現在の我々の置かれている状況は、
人類史が始まって以来、かつてない複雑さを露呈している経済があります。

世界経済を長らく牽引したアメリカの停滞。
ドイツの一人勝ちで不満の溜まっているEU、手詰まり感が否めません。
アメリカに代わって世界経済の中心を狙う中国は、
張りぼての数字のメッキが剥がれ、不動産バブルの破裂リスクを抱えています。

世界経済事情は、決して対岸の火事ではありません。
ひとたび、どこかの国が爆発すれば、
連鎖をして大爆発に繋がる危険性を常にはらんでいます。

先般のリーマンショックが良い例です。

海の向こうの金融機関が潰れましたが、日本国内でもかなりの反動がありました。
大手金融機関も次々に損失を計上し、関係ないと思われていた投資家もかなりの数が損を被りました。

黒字倒産をした会社も少なくありません。
会社は黒字なのに、リーマンショックの余波で、手元資金が底を尽いたために倒産を余儀なくされた、、、
やりきれない状態でした。

もしも黒字倒産をした会社に節税保険があったら?

手元資金の供給を止めることなく、
今も利益を出し続ける会社として存続していたかもしれません。

事実、我々のクライアントである、ある会社はリーマンショックを節税保険の資金で乗り越え、
過去20年以上の事業運営の歴史の中で、過去最高益を翌年に出した会社があります。
事実も根拠もない主張ではありません。
実際に助かった会社を数多く見ているからこそ、伝えたいメッセージです。

経営者こそが経済成長を実現させる社会の心臓部です。

しかし経営者には資金が必要です。会社の運営資金は人体で例えると血液にあたります。

予測不能な事態の連続であるビジネスと真正面から向き合っていると、
時には交通事故に遭い瀕死の重傷を負うかもしれません、
傷口からはドバドバと血液が流れ出しますが、抱えているビジネスでは早急な対応が求められます。

傷口の治療をすぐにしなければ、血液と言う資金は会社から凄まじいスピードで流出し、
想像以上に早いスピードで死は訪れます。

何が起こるかわからない事態の連続の中で、
輸血の準備はかかせません。

節税保険の中に輸血という資金を準備しておく重要性を、
一度、立ち止まって真剣に検討するのは悪いことではないと思います。

役員報酬の節税は、節税保険によって実現が可能です。

役員報酬を分散させて、個人に資金を移動するのにも限界があります。
マイナンバー制も導入され、社会保険料も実質的な税金化。
国の増税傾向は拍車を増すばかりです。

さらに流行りの節税スキームには、節税メリットと脱税リスクがつきまとうので十分な注意が必要です。
一般社団法人を使った節税も流行っていますが公共性が疑われています。
節税保険にも脱税まがいの手口や間違った出口対策が跋扈している現状があります。

節税保険を会社に取り入れる場合には、
確かな経験と実務に基づいた知識と実績豊富な専門家に聞くのが近道です。
餅は餅屋、刀は刀屋、節税保険は節税保険の専門家がいます。

役員報酬の税率に困っていて、
あなたの周りに信頼できる節税保険の専門家がいないのなら、
我々にコンタクトしてください。

完全に無料で相談に乗ります。

さらに我々の紹介した専門家の提案を採用した方には、
契約後のアフタフォロー、ケア、メンテナンスも
完全に無料で相談サービスを提供します。

相談をした結果、「自社には合わない」「自分の考えていたのとは違った」
と思った場合には率直にNOとお断り下さい。
断ったからと言って、相談料を後から請求することもしません。
お約束します。

経営者の利益が最大化されることこそ日本経済に必要な要素です。
我々の目的は社会の利益が最大化されること、経営者の利益を最大化することです。

節税保険の可能性を考えたいが、情報が手元には少な過ぎる、
とお考えの法人経営者の方も気軽にご連絡ください。
喜んで御社のお悩みを解決するエキスパートをご紹介いたします。

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像

関連記事

経営者の立場で、経営者の可能性を拡げる目的で節税をする。お金を増やす節税とは?

経営者の資金を増やす節税に、保険が有効である3つの絶対的な理由。

経営者の節税に、保険が有効な3つの理由。 資金を手元に残すための節税、 賢い経営者の実践する節税

記事を読む

経営者の節税の当たり前のポイント。然るべき場所に然るべき配置を。

経営者が資金を残すためにやるべき5つのポイント、会社から受け取る役員報酬は分散するとお金が増える

経営者が資金を残すためにやるべき5つのポイント 経営者には財布が2種類あります。 法人の財布と個

記事を読む

解決策を得るために、見破るべきポイント。

経営者の資金を増やす節税の専門家に求められる3つの相対的指針。

金持ち社長がこっそりやっている 経営者の金を増やす唯一絶対の方法。 実は、経営者の資金を増やす簡

記事を読む

経営者の立場で、経営者の可能性を拡げる目的で節税をする。お金を増やす節税とは?

経営者の節税は社会の利益に直結する。

経営者の節税は社会の利益 だと思いませんか? 経済の研究をすればするほど、 経営者こそ社会

記事を読む

no image

経営者の節税 太陽光パネル編 売電事業に潜むリスク

経営者の節税 太陽光パネル編 太陽光事業の税金対策を最近とりわけ目にします。 オンラインで目

記事を読む

経営者の味方である共済。
小規模企業共済は経営者の節税には有効ではない。

共済だから節税に有利は間違い。経営者の資金を20年間凍結する小規模企業共済。

経営者の実践するべき節税として、 経営者セーフティー共済は王道です。 法人で支払った掛金は全

記事を読む

節税と脱税は天国と地獄

節税と脱税の決定的な違い

節税と脱税の違い 節税のメリットと脱税のデメリット。 節税は、法律の範囲内で工夫をして税金を減ら

記事を読む

経営者の節税はコツコツ増やしてグングン増やすフェーズへ

経営者の節税、海外での生々しい節税術シンガポール編

経営者の節税 Singapore編 先日クローズドなセミナーに参加しました。 内容が良かった

記事を読む

経営者の立場で、経営者の可能性を拡げる目的で節税をする。お金を増やす節税とは?

経営者が節税で資金を増やす絶対的理由と3つのリスク、解決策は2つの大前提。

社長のお金を1番賢く増やす方法は何でしょうか? FX、株、投信、不動産、オフショア、それとも怪しい

記事を読む

勝ち組経営者の節税思考はどうなっているのか?事例付きで解説

経営者の節税で、あなたのビジネスの生死を別つ原因第一位は、決算時の税金対策のタイミング、首都圏で実在する勝ち組社長の事例も紹介

経営者の節税には、さまざまな分野があります。 M&Aをして、連結決算をして、税金対策をする方法もあ

記事を読む

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像

Comment

  1. 吉田 知加子 より:

    初めまして、教えて頂きたい事がありまして、メールさせて頂きました。よろしくお願い致します。
    私は父からの遺産で小さなアパートを購入し、他からの収入もあるので、節税の為に合同会社を設立しました。月々家賃で30万円くらいの収入があり、他からの収入も合わせて毎年確定申告をしております。今回少し大きなプロジェクトに関わりかなり大きな金額の手数料が入る事になり、その資金で一棟売りのマンション購入を考えたのですが、税金で半分もっていかれるとそれも出来なくなります。どのような節税方法があるか教えてください

吉田 知加子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像
経営者の節税news最新版
経営者の節税2016年以降は?

経営者の節税2016年以降はどうなるのか?本格的に始動したマイナンバー

images
経営者の節税に必要な、できる税理士を見分ける2つの質問

経営者にとって、付き合う税理士は極めて重要です。 あなたの会

経営者の節税は利益を増やす
経営者の節税最前線、2015年これからの経営者の節税に必要な感覚と有効な節税手法とは?

節税と言う表現はもう古い?経営者のこれからの節税を体現する言葉とは?

解決策を得るために、見破るべきポイント。
保険で節税をする価値は経営者にあるのか?価値を持つ2つの前提条件

保険は会社で入ると会社の損金、経費になる。 経費になっている保険です

経営者の節税はコツコツ増やしてグングン増やすフェーズへ
経営者が役員報酬を節税すべき理由と節税保険で具体的な3つの解決策と3番目の可能性

役員報酬で給与を取ると半分は税金で消えます。 所得税の最高税率は45

→もっと見る

  • サンプル画像
PAGE TOP ↑