経営者の節税は社会の利益に直結する。

経営者の節税は社会の利益
だと思いませんか?

経済の研究をすればするほど、
経営者こそ社会の利益であると強く感じます。

しかし国の経営者に対する対応は酷い。劣悪な環境です。
こんな状態でデフレ脱却、インフレ目標、持続的な経済成長。
本当に達成する気があるのでしょうか?私はそうは思えません。

稼いだお金の半分を税金で持っていく。

法人は法人税の38%プラス消費税。
個人は所得税等50%。

税金を吸い上げるだけ吸い上げて、
繁栄した国家は地球史上、未だ存在しません。
国家単位ではなく共同体や組織も同じくです。

誰だって自分の努力を掠め取られるのは、
気分のいいものではありません。
その努力が人の何倍も働いて得た対価であれば尚更です。

最近では、外国に移住するビジネスマンや起業家が増えました。
特にインターネットを上手に活用する方は、
税率の低い海外に移り住んでいます。

税金から逃げるように海外へ移住。

香港やシンガポールへの移住は本当に多い。
日本にいなくても事業が継続でき、
利益を出せるビジネスモデルの方は、
税率の低い国に移り住めば収入が倍になります。
年収1億円の方がいたら、日本では手取り5000万円。
シンガポールでは手取り9000万円。
シンガポールの税率は実質5,6%だと
シンガポールに移住した経営者の方が言ってました。

表では20%だとか色々聞きますが、海外でも節税手法は色々あるようです。

シンガポールや香港等、
タックスヘイブンと日本を比較する気はありませんが、
経営者に対してはもっと政府は寛容になっていただきたいものです。

そもそもタックスヘイブンは、観光資源がなく、
国の産業や輸出品もない、人の住みたくない地域が、
税率を低くして企業誘致や富裕層を取り込んで税収を稼いでいます。
企業が自国にくれば雇用も生まれ、経済が循環します。

でもタックスヘイブンには負の側面もあります。
つまらない。
タックスヘイブンはそもそも人が集まらない土地に、
税金面での恩恵をうたって人を集めています。

タックスヘイブンに移住をした富裕層が、
後々になって日本に返ってくるケースも非常に多いのも頷けます。

話は戻りますが、

経済成長をすれば、その国は富みます。

経済成長がどこで起きるのか?
経営者のアイデアです。

商売、ビジネスの分野は
経済成長に対して極めて大きなウェイトを占めます。

会社経営者が市場に合わせた商品やサービスを開発して、
消費が起こる。

モノ、金、人が動き循環する。
回りだした歯車が一つ一つ噛み合って経済成長に繋がる。

経営者が会社を使って
開発した商品が大人気になり、
消費者がこぞって手に入れようとする。
商品は希少価値を持って値段が上がっていく。
上がった値段でも欲しい消費者は働いて金を払う。

起点になってるのは会社経営者な気がします。

会社経営者に対して
贔屓目に思われるかもしれませんが、私は構いません。
それが真実です。

経営者が会社を使って、
自分の家や土地を担保に、
苦労の末、完成した商品が日の目を浴びなかった。
そんなこともほとんどです。

しかし失敗をしなければ成功は生まれません。
失敗を繰り返して学習をして成功に結びつく。
この挑戦することが経済成長の推進力ではないでしょうか?

経営者には資金が必要です。
何も金をくれ、と主張をしているわけではありません。
たくさん挑戦して、たくさん失敗して成功する。
もう少し経営者や起業家、事業主に対して寛大になって下さい。

経営者の節税がなぜ社会の利益なのか?

日本経済を引っ張っているのは誰でしょうか?
一週間のうち、月曜日から金曜日まで働いて
土曜、日曜は会社に出なくても、頭の中は仕事の事でいっぱい。
日曜日が終わったらまた月曜日が来て一週間が始まる。月月火水木金金。

来る日も来る日もビジネスの成長を考えて、
日夜、寝る時間を削って働いているのが経営者の真実の姿。

人よりも働いて、
人よりも考えて、
人よりも仕事しているのが経営者。
まあみんな好きで働いているのですが(笑)

経営者こそが日本経済を強く支えている
存在ではないでしょうか?

経営者の働きこそが社会の発展を促し
経済の成長の呼び水になってると強く信じています。

自ら起こしたビジネスで苦しみ、悩み、
努力して創意工夫をこらして壁を乗り越えていく。
この頑張りが日本のGDPを押し上げ、
日本の成長、競争の原動力になっています。

もちろんそれ以外の人たちが貢献していないとは言いません。
ただ、経営者のエネルギーがもの凄い推進力となって
社会を引っ張っているのは事実です。

少なくとも私はそう強く信じています。

社会が一番大切にしなければいけない人たちの環境は最悪です。
何もしなくても役所に書類を提出して、
国に寄生虫のごとく群がる人もいる半面。
しゃかりきに働いている
日本の経済成長の動力源である、あなたの利益は守られるべきです。

権利だけを要求する卑劣な人たちの声は無視しましょう。

経営者の節税は社会の利益です。

経営者を大切に扱ってこそ日本の経済成長が実現できると強く信じます。
こんな気持ちで
賢い経営者の実践する節税サイトを運営しています。

追伸

経営者の実践する節税では、極力、専門用語を排して
わかりやすく興味を持ってもらえる言葉を選んで情報を配信します。
経営者の利益を最大化にするのが賢い経営者の実践する節税です。

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像

関連記事

経営者の節税の当たり前のポイント。然るべき場所に然るべき配置を。

経営者が資金を残すためにやるべき5つのポイント、会社から受け取る役員報酬は分散するとお金が増える

経営者が資金を残すためにやるべき5つのポイント 経営者には財布が2種類あります。 法人の財布と個

記事を読む

no image

経営者の節税 太陽光パネル編 売電事業に潜むリスク

経営者の節税 太陽光パネル編 太陽光事業の税金対策を最近とりわけ目にします。 オンラインで目

記事を読む

経営者の立場で、経営者の可能性を拡げる目的で節税をする。お金を増やす節税とは?

経営者の資金を増やす節税に、保険が有効である3つの絶対的な理由。

経営者の節税に、保険が有効な3つの理由。 資金を手元に残すための節税、 賢い経営者の実践する節税

記事を読む

節税と脱税は天国と地獄

節税と脱税の決定的な違い

節税と脱税の違い 節税のメリットと脱税のデメリット。 節税は、法律の範囲内で工夫をして税金を減ら

記事を読む

解決策を得るために、見破るべきポイント。

経営者の資金を増やす節税の専門家に求められる3つの相対的指針。

金持ち社長がこっそりやっている 経営者の金を増やす唯一絶対の方法。 実は、経営者の資金を増やす簡

記事を読む

経営者の節税はコツコツ増やしてグングン増やすフェーズへ

経営者が役員報酬を節税すべき理由と節税保険で具体的な3つの解決策と3番目の可能性

役員報酬で給与を取ると半分は税金で消えます。 所得税の最高税率は45%。 住民税は10%。 さ

記事を読む

経営者の味方である共済。
小規模企業共済は経営者の節税には有効ではない。

共済だから節税に有利は間違い。経営者の資金を20年間凍結する小規模企業共済。

経営者の実践するべき節税として、 経営者セーフティー共済は王道です。 法人で支払った掛金は全

記事を読む

経営者の立場で、経営者の可能性を拡げる目的で節税をする。お金を増やす節税とは?

経営者が節税で資金を増やす絶対的理由と3つのリスク、解決策は2つの大前提。

社長のお金を1番賢く増やす方法は何でしょうか? FX、株、投信、不動産、オフショア、それとも怪しい

記事を読む

勝ち組経営者の節税思考はどうなっているのか?事例付きで解説

経営者の節税で、あなたのビジネスの生死を別つ原因第一位は、決算時の税金対策のタイミング、首都圏で実在する勝ち組社長の事例も紹介

経営者の節税には、さまざまな分野があります。 M&Aをして、連結決算をして、税金対策をする方法もあ

記事を読む

経営者の節税はコツコツ増やしてグングン増やすフェーズへ

経営者の節税、海外での生々しい節税術シンガポール編

経営者の節税 Singapore編 先日クローズドなセミナーに参加しました。 内容が良かった

記事を読む

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像
経営者の節税news最新版
経営者の節税2016年以降は?

経営者の節税2016年以降はどうなるのか?本格的に始動したマイナンバー

images
経営者の節税に必要な、できる税理士を見分ける2つの質問

経営者にとって、付き合う税理士は極めて重要です。 あなたの会

経営者の節税は利益を増やす
経営者の節税最前線、2015年これからの経営者の節税に必要な感覚と有効な節税手法とは?

節税と言う表現はもう古い?経営者のこれからの節税を体現する言葉とは?

解決策を得るために、見破るべきポイント。
保険で節税をする価値は経営者にあるのか?価値を持つ2つの前提条件

保険は会社で入ると会社の損金、経費になる。 経費になっている保険です

経営者の節税はコツコツ増やしてグングン増やすフェーズへ
経営者が役員報酬を節税すべき理由と節税保険で具体的な3つの解決策と3番目の可能性

役員報酬で給与を取ると半分は税金で消えます。 所得税の最高税率は45

→もっと見る

  • サンプル画像
PAGE TOP ↑