節税を知っている賢い経営者とは?

賢い経営者とは?

賢い経営者は架空の人物ではありません。実在する人物です。
30年以上に渡って経営者、企業の社長、起業家に対して節税の提案をしてきた。
現在は、3社の会社を持ち、自身も現役で現場にたってビジネスをしている。
過去に2000社以上の会社に節税対策を施している。自身は金融畑だが、学生時代に会計の勉強をしていたので、会計にも明るい。更に、今までの自身の経験から培った人的ネットワークは広大であり常に最新の情報を知っている。

賢い経営者サイト管理人。

賢い経営者の元で、日々、修行の身。管理人自体は、ファイナンシャルプランナーの上級資格であるCFPを保有。新卒から4つの金融機関を経て賢い経営者の会社に入社。会計事務所向けにセミナーをしていた経験を持ち、自身も税金で悩んだ経験から節税に興味を抱く。現在は、賢い経営者から生きた知識を日々学んでいる。

このサイトを立ち上げた理由

経営者を取り巻く間違った情報、時代錯誤の不当な価値の交換に嫌気が差し、現場で実践されているの真実の節税レポートをしたいと強く感じたから。
会計の専門用語、形式ばった文句、わかりにくい表現、それら全てにNOをつきつけて、経営者の視点で、経営者の言葉で、経営者の立場から「生の現場の情報」を発信し、節税を賢く活用し、経営環境を少しでも良い環境にできるようにとの想いから運営。

節税は、経営者の資金を確実に増やします。

的確なタイミングで、ピンポイントな節税対策を選び、状況に応じて賢く活用することで、経営者の生命線である資金源を確実に増やすのが賢い経営者の実践する節税方法の真実です。巷で蔓延っている節税まがいの対策とは一線を画します。
節税をすることによって少しでも資金を会社、社長の手元に残し、事業の可能性、ビジネスの飛躍のチャンスを圧倒的に高めるのが賢い経営者の実践する節税。経営資源をムダなく、いかに効率良く使っていくのか、その問いを考え続けて生まれたアイデアです。

節税をすることは守りではないのか?

節税は一時的にキャッシュフロー(資金繰り)が遅くなるのは事実です。
キャッシュフローが悪くなるので守りに見えますが、捨て身の経営をすることが賢い経営だとは我々は考えておりません。会社の調子の良い時があれば悪い時もある。山の次は谷があり、谷の次には山が待っている。ジェットコースターさながらです。
業界自体が右肩上がりの時はいいけど、業界全体がしぼんで行く時には、次元の違うアイデアが必要です。
そんな時に、頼りになるのは何でしょうか?節税対策をしていて虎の子の資金があるとしたら?どれだけ助かるでしょうか?

税金を計算する方程式を簡単に表現すると、税金イコール余った利益。
余った利益は、売上から必要経費を引けばザックリと計算できます。必要経費という名目で全額を翌期の為に突っ込めば確かに税金はゼロになります。更に会社の成長スピードも止まることなく加速するでしょう、、、全てがうまくいけば、ですが。

ビジネスは予測不能な事態の連続。

そんな環境の中で捨て身でビジネスをする姿勢は確かに格好良く映ります。
そのような観点からすれば、賢い経営者の実践する節税は合いません。賢い経営者の実践する節税は、もっとずっと手堅いものです。稼いでいる時に力を蓄え、蓄えた力は、吟味した上で速やかに事業に投下する。

毎年毎年、全速力で走り続けるのは正直しんどい作業です。毎期毎期、利益を翌期に全額投資して進撃するのは至難の業。
うまくやっているのは、アマゾンのジェフベゾスくらいではないでしょうか?
会社の売上は右肩上がりだけど利益はピタッーと綺麗に出ていない。会社に全額投資されているからです。
今の時代の波に乗った稀有の起業家。まさに理想的な企業経営です。

しかし、現実の我々を取り巻く環境では、投資家がいるわけでもなく、たくさんの株主もいません。
金融機関は顔では笑っていますが、机の下ではいつでもあなたの急所を刺す準備をしています。
親戚や縁者は困ったときには、同情は集められても、資金を貸してくれる体力はありません。

そんなないないづくしの中で、ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化する現在、

最後に頼りになるのはあなたのアイデアとあなたの資金だけ。

資金が全くない中で正確な思考が可能でしょうか?多少の余裕があるからこそ次元の違うアイデアや強気で攻める姿勢を保持できるのではないでしょうか?本当に追い込まれた時に思考停止するのは一番避けたい現実です。賢い経営者の実践する節税は、バブルの波を乗り越え、リーマンショックを乗り越え、酸いも甘いも経験をしたからこそたどり着いた方法です。節税をすることによって、あなたの資金を増やし、未来への可能性を高める、これが賢い経営者の実践する節税方法です。

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像

関連記事

images

経営者の節税に必要な、できる税理士を見分ける2つの質問

経営者にとって、付き合う税理士は極めて重要です。 あなたの会社の決算、確定申告、資金繰りの

記事を読む

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

賢い経営者が無料で節税対策を教えます。

サンプル画像
経営者の節税news最新版
経営者の節税2016年以降は?

経営者の節税2016年以降はどうなるのか?本格的に始動したマイナンバー

images
経営者の節税に必要な、できる税理士を見分ける2つの質問

経営者にとって、付き合う税理士は極めて重要です。 あなたの会

経営者の節税は利益を増やす
経営者の節税最前線、2015年これからの経営者の節税に必要な感覚と有効な節税手法とは?

節税と言う表現はもう古い?経営者のこれからの節税を体現する言葉とは?

解決策を得るために、見破るべきポイント。
保険で節税をする価値は経営者にあるのか?価値を持つ2つの前提条件

保険は会社で入ると会社の損金、経費になる。 経費になっている保険です

経営者の節税はコツコツ増やしてグングン増やすフェーズへ
経営者が役員報酬を節税すべき理由と節税保険で具体的な3つの解決策と3番目の可能性

役員報酬で給与を取ると半分は税金で消えます。 所得税の最高税率は45

→もっと見る

  • サンプル画像
PAGE TOP ↑